kote blog(ギランバレーとギターと求職活動)

ギランバレー症候群により両手指と下半身が麻痺してリハビリ中。音楽とギターと筋肉とYouTubeが好き。求職中。

コラム

【朗報】スマホを別室に置いたら睡眠が改善された。

投稿日:2019-07-07 更新日:

 

こんにちは。kote(@kotemino)です。

以前こんなツイートをしました。

スマホを別室に置いて寝る生活。
3日程試してみたけど、

睡眠の質が改善された!

試行前
・寝落ちするまでスマホ⇨途中で起きてスマホ⇨起きても布団でスマホ:睡眠不足で布団から出づらい

試行後
・考えながら寝落ち⇨朝まで就寝⇨スマホが別室:頭がスッキリ&布団から即出

今後も続けて行こう。


睡眠前にスマホが手放せない人向け

に解説していきます。


※この記事は5分で読めます。

スポンサードサーチ

スマホを別室に置いたら睡眠が改善された。

睡眠前に
スマホを
別室において寝たら



睡眠の質が改善されました。



今は
割と睡眠が取れ、
昼に眠くなることが少なくなりました。

快適です。

スポンサードサーチ

試行前

1週間ほど前までは



寝室にスマホが欠かせない人間



でした。


寝つきが悪い時に
スマホの記事を読みながら

寝落ち

する事が
とても心地よかったんですよね…。

でも、
よくよく考えると、
生活のサイクルとしては

負のスパイラル


でした。


1.スマホを見ながら寝落ち。(睡眠時間が減る)

2.夜中に起きて、時間確認の為にスマホを見る。(目が冴えて眠れない)

3.起きて布団の上でスマホを見る。(布団から起きられない)

4.睡眠の質が悪いので昼間眠い…。


1に戻る
以下ループ。



明らかに
体に良くないですが、


このスパイラルに陥っている人は
多いと思います。


順に解説していきます。

1.スマホを見ながら寝落ち

スマホで
面白い記事やSNSをチェックしながら、
いつの間にか寝ている。

楽しさをキープしたまま
睡眠を取る事に


快感を覚えていました。


どんなに疲れていても、
どんなに遅い時間でも、

寝落ちを期待して
スマホを見る…。

いつの間にか
睡眠時間が
減ってました。

2.夜中に起きて、時間確認のためにスマホを見る。

スマホを見ながら寝落ちすると、
脳がおやすみモードに入っていないせいか、


夜中に起きる事が多いです。


で、
時間の確認のために


スマホを見る。


時間確認だけで済めば良いけど、
ニュースとかSNSとかが気になってくるので、


結局ロックを解除して、スマホを見る。


そして目や頭が冴え、


2度寝しづらくなる。


結果として、


睡眠不足になる。


という

負の連鎖

が起きます。

3.起きて布団の上でスマホを見る

何とか二度寝して朝を迎えても、


スマホをチェックしながら
布団の上でゴロゴロ…。



睡眠不足もあって、


起床時間が遅くなりがちです。


で、
体の調子も
あまり良くなかったりします。

4.睡眠の質が悪いので昼間眠い…。

睡眠の質が悪いので、


日中のパフォーマンスも落ちてしまいます。


昼食後は眠くて仕方なかったり、
足の調子が悪かったり、
思考を停止する時間が長くなってしまったり…。


良い事はありません。

スポンサードサーチ

試行後

我慢してスマホを別室において眠ってみると、
以下の様な状態になりました。

1.考えながら寝落ち。(脳の休息&思考の整理)

2.夜中に起きず、朝まで熟睡。

3.起きて即、別室に移動。

4.睡眠の質が良いので昼間眠くない。


1に戻る
以下ループ。


順に解説していきます。

1.考えながら寝落ち。

スマホがないので、


色々考えながら
寝落ちする様になりました。



考えすぎて
悶々とする事もありますが、


スマホを見て寝落ちするよりかは
短い時間で
寝落ちする様になりました。

2.夜中に起きず、朝まで熟睡。

光にあたりながら眠らないので、
夜中に起きず、


朝まで熟睡できる様になりました。


気づいたら朝で
目も冴えている。


快適です。

3.起きて即、別室に移動。

起きたらすぐ
スマホを見たいので、


速攻で別室に移動する様になりました。


布団からも
一瞬で抜け出して、


快適な朝の生活が
即スタート


です。

4.睡眠の質が良いので昼間眠くない。

睡眠の質が良くなったので、


昼間眠くなる事が少なくなりました。



生活のパフォーマンスも上がり、
気持ちも前向きになるので快適です。


と、
睡眠時にスマホから離れると、

生活の質が向上しました。

スポンサードサーチ

初日はむちゃくちゃストレス。

とは言え、
スマホを睡眠時に持っていかないと決めた初日は


むちゃくちゃストレス


でした。



「スマホ見たい。
 スマホ見たい。
 スマホ見たい…。」



と寝る前に布団の中でイライラ…。


かと言って、
布団から抜けて
別室まで行くのも


むちゃくちゃめんどくさい。


結局、
スマホが見たい欲よりも
別室へ行くめんどくささの方が勝ったので、


何とか
初日を切り抜ける事ができた感じです。


手の届く範囲は論外。
ちょっと手間が掛かる距離でも危ない。



めんどくさい位
遠い場所に置きましょう。



アラームとして使用するのもNG。


目ざまし時計を使いましょう。

スポンサードサーチ

2日目以降はわりと楽。でも油断大敵。

2日目は、
初日と比べると
スムーズにこなせました。

1日目よりから
相当楽です。


3日目以降は
もう慣れたものです。

なので、


まずは3日
続けてみましょう。


後は
スマホを寝室に持っていかない様に


継続


するだけです。

ドラッグの様に、
1回戻ると
また習慣が逆戻りしてしまうので


十分に気をつけましょう。
自分も気をつけます。

スポンサードサーチ

どうしてもダメなら…

どうしても
就寝時に
スマホから離れる生活ができないなら、


文明の力


に頼ってみましょう。


話題になった


タイムロッキングコンテナ


の導入をオススメします。

最近スマホをついつい触りすぎて時間を浪費してることに危機感を覚えて、「設定した時間の間は絶対にあけられない箱」を買ったんだけど、これ思ったよりもずっと仕事がはかどるようになるのでオススメです。

勉強中に携帯いじっちゃう人とか、仕事中に誘惑に負けやすい人。ぜひ。

https://twitter.com/ryogomatsumaru/status/1120285798622879745?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1120285798622879745&ref_url=https%3A%2F%2Fgottanews.net%2Ftrend%2F0272%2F

スポンサードサーチ

まとめ

スマホを寝室に持って行かない。

これだけ
シンプルな動作でも


生活の質が向上


しました。


初日は大変ですが、
後から楽になります。

何事も



まずは行動



という事ですね。

今後も続けていきます。

※合わせて読みたい

====================
kote
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCP-xgTScPFaDjIkk1FqQIwQ
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100007383965688
Twitter:https://twitter.com/kotemino
====================







-コラム
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美味しい食事は人生を豊かにする【病院食】

こんにちは。koteです。今回は美味しい食事は人生を豊かにすると言う内容をお話しします。 スポンサードサーチ 目次1 病院食2 入院中に美味しかったもの2.1 外食全般2.2 久々に飲んだコカコーラゼ …

握力が無くなるとどうなるの?

こんにちは。koteです。今回はギランバレー症候群により両手指が麻痺し、握力が無くなった時 の事について書いていきます。 スポンサードサーチ 目次1 左手2kg,右手0kg2 握力が無くなるとどうなる …

no image

ギターピッキング

唐突にギターピッキングのお話。 ギター正しいピッキングの方法は?と問われると、 少なくとも自分には分からない。 「自分で納得のいくサウンドやフレーズが弾けるなら、別にスタイルは問わない」 と個人的には …

トランクルーム暮らしまで追い込まれる原因を考察する【解決策あります】

こんにちは。kote(@kotemino)です。足の不自由な無職の人間ですが、何とか人間らしい生活を送っています。先日、こんなツイートをしました。 年収100万円台の衝撃。トランクルーム1畳半に住む4 …

【杖&装具なのに】身体障害者手帳が交付されなかった話【障害者ではない】

こんにちは。koteです。「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー 」の著者たむらあやこ氏の先日のツイートに以下の内容がありました。 更新されました!よろしくお願いいたします!ちょっと重めの内容、障害者手帳 …