kote blog(ギランバレーとギターと求職活動)

ギランバレー症候群により両手指と下半身が麻痺してリハビリ中。音楽とギターと筋肉とYouTubeが好き。求職中。

コラム 日記

足の不自由な人間が危機を感じた【踏切の横断】

投稿日:

 

こんにちは。kote(@kotemino)です。

ギランバレー症候群で指先と下半身が麻痺しましたが、
なんとか日常生活を送っている人間です。

先日、こんなツイートをしました。

踏切の非常ボタンで電車を停止した68歳男を逮捕 「足と心臓が悪いので渡りきれない」http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1992600.html …

この記事を見て、
「今の足の不自由な自分が踏切で転倒したら命に関わる」
と思った。

・踏切は基本渡らない。
・渡らなければならない時は慎重に歩く。

不便な体だけど、気をつけよう。

迷惑なニュースの話題から
自身の行動を省みたところ、


命に関わりそうだったので怖くなった


お話です。

スポンサードサーチ

踏切で転倒して渡りきれなかったら…

先述のニュースの動画です。

歩くのが遅くて電車の非常停止ボタンを押したらしいのですが、


スイスイ歩けている…。


足の不自由な自分よりも


全然スイスイ歩けている…。


となると、


「足の不自由な自分が線路を渡るとどうなるんだ?」


と言うことを考えてみました。

①踏切を歩く。
②踏切が鳴る。
③急ぐにも急げない体だけど、気持ちは焦る。
④もしかすると、線路内で転倒してしまうかもしれない。
⑤転倒すると、なかなか起き上がれない。
⑥助けがない or 非常停止ボタンを誰も鳴らさなかったら

電車にぶつかって死ぬかも…。

と考えると、
踏切を渡ることに


結構恐怖心を感じました。


特に

・急ぐに急げない。
・転倒するとなかなか起き上がれない。

と言う点が恐ろしいですね。


今の自分の体では
歩くのも杖や装具が必要で、
もちろん走ることなんて、できません。

また、
足首からふくらはぎまでを
装具で固定しているので、
平地で転倒すると
なかなか立ち上がれません。


健康な人が
何もない所から立ち上がる場合は、
無意識のうちに
足の筋肉を器用に使って
難なく立つことができますが、

自分の様に
足の筋肉の節々が
麻痺および筋力低下を起こしている
身としましては、
何か手を添えるものが近くにないと、
立ち上がるのは難しいです。


幸い、
横断歩道の真ん中で転倒してしまった経験は
まだありませんが、
起こってしまったら恐ろしいですね。

スポンサードサーチ

踏切を横断する時の対策

踏切を横断する時の対策としては
以下のことを考えました。

・踏切は基本渡らない。
・渡らなければならない時は慎重に歩く。

踏切は基本渡らない様にする。

踏切は


基本渡らない様に行動する方が良い


と思います。


駅を経由して渡れるなら駅を利用し、
地下道が存在するなら地下道を利用する感じ


ですね。


基本、渡りたくないです。

渡らなければならない時は慎重に歩く。

どうしても
渡らなければならない場合は、


多少時間をかけてでも
慎重に歩いた方が良いかも


と思います。

・線路に足や杖が引っかからないか。
・線路の凹凸で足が引っかからないか。
・線路の高低差がある場所で足が引っかからないか。

こう言う小さなことでも意識しながら歩かないと
危ないですね。


色々考えるのもストレスなので、


やはり踏切を渡らないに越したことはないかとおもいます。

スポンサードサーチ

まとめ

以上。


足の不自由な人間が線路を渡るのは
危険がいっぱい



と言う話でした。


自分の身を守るためには


自分で危機管理能力を向上させることが一番


だと思います。

周りのサポートも頼りになるし助かりますが、
頼り過ぎも良くないので。

不自由な体ですが、
一般社会に溶け込める様に
自分なりに試行錯誤していきます。

あわせて読みたい
雨の日は足元を気をつける【転倒】

【ギランバレー 】病気になって気がついた事【闘病】
ギランバレー症候群まとめ【体験談込み】

====================
kote
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCP-xgTScPFaDjIkk1FqQIwQ
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100007383965688
Twitter:https://twitter.com/kotemino
====================







-コラム, 日記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新年

新年の雰囲気も もうぼちぼち 終わりですね。 明日から また 通院のリハビリも 始まるので、 気を引き締めて 臨む次第。 職場復帰も近いので、 少しでも 歩ける様に なっておきたいものです。 ==== …

no image

内股

内股。 まだ足の中でも 特に感覚が余り戻ってない部位。 内股に余り力が入らず、 まだ足が余り上がらないのが悔しい。 全力で膝上げをしてみても、 びっくりするくらい 足が上がらない。 足が上がらない事に …

no image

胃カメラ

今日も外来のリハビリ。 そして胃カメラでの検査がありました。 なぜ胃カメラの検査があったかと言うと、 入院中の血液検査のピロリ菌の箇所で ±(ピロリ菌がいる可能性あり) と出た為、お医者さんから精密検 …

no image

足の指

少し曲がる様にはなってきたけど、 力は入らない。 指先の感覚や筋力が戻るのは いつになるのだろうか。 ==================== kote YouTube:https://www.you …

no image

手続

今日は 退職後の社会保険の切り替えについて、 調査したり 相談したり 書類の発行手続きしたり…。 ハロワや 市役所に行く前にも やる事は色々ある。 足も悪いし、 あまり足繁く通いたくも無い …