kote blog(ギランバレーとギターと求職活動)

ギランバレー症候群により両手指と下半身が麻痺してリハビリ中。音楽とギターと筋肉とYouTubeが好き。求職中。

コラム 日記

子供の英語教育が進んでいる件【危機感】

投稿日:

 

こんにちは。koteです。



ギランバレー症候群で指先と下半身が麻痺し、
リハビリ中の人間です。



最近、以下のツイートをしました。

5歳の子供の英語教材の内容が侮れない。

アラフォーである自分らが中学2年生くらいに学んだ内容が
ふんだんに盛り込まれている。

正直、大人である自分が読むのに丁度良い教材。

子供はあまり文書の内容は理解出来ていないけど、
絵で大体の内容はわかる様子。

英語教育は思ったより進んでいる。

この内容について深掘りしていきます。



子供に英語を習わせつつも、
大人も英語力をつけていきましょう。




と言うことについて書いていきます。

スポンサードサーチ

子供の英語教育に大人も一苦労

現在
5歳の子供に
英語を習わせており、

宿題を
親と一緒にやっています。

で、
リスニングの教材で
CDと本があるのですが、



なかなか文章が充実してます。



過去形
比較級
進行形
関係代名詞
そこそこ長めの長文…。


20年以上前の基準では


中学2年生


が学んでいた位の内容でした。


大人の自分でも


「この単語、意味なんだったっけ?」


と辞書で調べたりすることもしばしば…。


流石に子供は
全ての文章の内容を
理解しているわけではありませんが、
挿絵とちょっとした解説で
ある程度は理解できます。


文法がどうこうと言う学び方ではなく、
大体の話の流れと雰囲気を学んでいる感じです。

スポンサードサーチ

子供の英語教育が進んでいる

自分たちの代のレベルだと、
これは到底5歳が扱う内容ではない、

と思ったのですが、

子供の英語教育は
ここ四半世紀で
かなり進んでいる様です。

親の世代の体験が通用しない!?

 日本の学校教育は大きく変わろうとしています。具体的には学習指導要領が改訂される2018〜2020年にかけて、小学校5・6年生で英語が教科化され、3・4年生で必修化されます。また、中学・高校では授業は英語で行うことを基本とし、英語でコミュニケーションする力の修得に大きくシフトするのです。つまり、親の世代が経験した学校の英語の授業とは、まったく様変わりしています。
 
かつては英語を「読む」「書く」からスタートしたものですが、今は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく修得し、英語を実際に使えるようになることを目指しています。ですから、親の世代がイメージするようなノートの左側に英語を書いて、右側に日本語訳を書く、といったような旧来型の英語学習は、ほぼ消滅するといっていいでしょう。

https://benesse.jp/eigo/201505/20150522-8.html

「読む」「書く」が主流だった
自分たちの時代とは、変わっているんですね。
「聞く」なんて大学センター試験対策くらいでしたし…。

親の持つ先入観を、子どもに持たせないで!

 保護者の中には、自分の体験をもとに、「英語の勉強は難しい。でも話せるようにならない。」という先入観を持っておられる方もあるかもしれません。しかしその「難しくて大変なもの」という先入観をお子さまに刷り込んでしまわないようにしていただければと思います。お子さまたちが今後学ぶ英語は、コミュニケーションの手段としての英語、本当に大切なのはさらに先の「英語使って何をするか。何ができることをめざすのか」ということです。ですから、とくに小さいうちは英語には楽しく触れて、少し大きいお子さまの場合は、英語ができることのメリットにお子さまの意識が向くように、接してあげたいですね。

https://benesse.jp/eigo/201505/20150522-8.html
GLOBAL CROWN体験レッスン2回無料

英語は


机にかじりついて学ぶ


と言うよりも、


日常に英語を取り込んで
あまり勉強と意識せずに学ぶ



事が主流になってくるのかな
と思います。

スポンサードサーチ

親世代の危機感

子供の英語教育が進んでいる事がわかると、



結構危機感を感じました。


今後少子化が進むとは言え、



ITを駆使し、
多言語を操り、
礼儀やコミュニケーション能力に長けた


ハイスペックな若者が

増えてくるでしょう



そうなると、


これから
仕事を奪われるのは、


スキルを向上しようとしない
中年や高齢者なのかも…



と思ってしまいます。


なかなか恐ろしい未来予測ですが、
十分あり得ますね。

GLOBAL CROWN体験レッスン2回無料

上記のツイートの通り、
若者から頂くのは


恐怖


だけでなく、


モチベーション


も頂く様にしましょう。

スポンサードサーチ

親世代の学習方法

とは言え、


時間もない
お金もない
仕事も忙しくて疲れた
でも子供の面倒は見ないと…。




出来ない理由はいくらでも言えるので、


子供の習い事のついでに
自分も学ぶ



と言うのも悪くないと思います。


先日の記事でも


子供の習い事のついでに
親も勉強できます



と言うことを書いたので、
子供に習い事をさせている家庭なら
大体できるのではないか、


と思っています。


英語教材なら
大体


CD
DVD



と揃ってて、
親も一緒に
見聞きしますからね。


自ずと
ボキャブラリーは
増えていきます。


最近は
子供向けのオンライン英会話
のサービスもあるため、

英会話を向上させる機会は増え
英会話を向上させる手間は省けていると思います。

GLOBAL CROWN体験レッスン2回無料

スポンサードサーチ

まとめ

以上

  • 子供の英語教育が進んでいる。
  • 今後、優秀な若者は増えていく。
  • 優秀な若者と競合しないといけないから、スキルアップしないと今後の人生辛い。
  • 子供の習い事のついでに親も便乗して学んでいこう。

と言うお話でした。

少子化がどうこう言われていますが、
あまり将来が暗いわけではないかもしれません。

ただ、
優秀な若者に見限られない様な国作りをしていくのが、


今後の大人や政治家の重要な課題ですね。

合わせて読みたい

====================
kote
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCP-xgTScPFaDjIkk1FqQIwQ
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100007383965688
Twitter:https://twitter.com/kotemino
====================







-コラム, 日記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自動車

自動車。 信号のない横断歩道で 待っていると、 気を遣って 止まってくれる人が多い。 ありがたい。 でも 早く渡らなければいけない様な プレッシャーも感じる。 ありがたいけど 少し緊張する。 杖が無け …

8弦ギター2本を操る凄腕【Felix Martin】

こんにちは。kote(@kotemino)です。凄腕のギタリストのプレイを見るのが好きです。今回、なかなかイカツイ凄腕を見つけたので、紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 8弦ギター2本を操 …

no image

階段

最近 階段の昇り降り方法を 変えてます。 以前は 片手に杖を束ね、 手すりを持って 階段の昇り降りをやってましたが、 最近は 手すりを使わず、 杖のみで昇り降りしてます。 足の力が 少し付いてきたのか …

no image

連休明け

連休明けのせいか、 少し体がしんどいorz 今日から 客先に赴き 仕事に着手 (先週は慣らしの業務でした。) 足が不自由とは言え、 社会貢献はしたいし、 自分の仕事で喜ばれたい。 体を大事に やれるだ …

no image

通院

もう何度目か分からないけど、 今日も通院でリハビリ。 病院の周りを 片杖で歩く練習。 今日は 700mを 20分で歩いた。 時速換算で 2.1km/h 前回(http://www.kotemino.c …